札幌市豊平区|小児科|小児循環器 小児救急 感染症 予防接種 乳児健診 アレルギー

急性胃腸炎 嘔吐下痢症 感染性胃腸炎

主にウイルスが原因でかぜと同じようにうつる(感染する)病気の一つです。冬から春にかけて流行し、最近では特に春に多く認められます。

原因としては、ノロウイルスロタウイルスなどのウイルスが知られ、家族内、保育園、幼稚園、学校などで人から人へ感染を起こして流行し、「おなかのかぜ」としてよく認められる病気です。

潜伏期間は1~2日ほどで、吐いたり下痢したりします。突然吐き出しぐったりして顔色が悪くなり、おなかを痛がったりします。多くは、はじめ熱がないか微熱程度で、その後熱が出て、下痢になり、数日から1週間程度で治癒します。

症状

突然、顔色が悪くなり熱もなく嘔吐が始まるパターンが多く見られます。
嘔吐が始まった時、腸は動きが止まってしまって動かない状態(機能性麻痺性イレウス)です。微熱(時に高熱)や、腹痛や下痢もあります。下痢は数日前から認める場合や嘔吐がおさまってから認めるなど様々です。
嘔吐は食べたものを大量に吐き、回数が多い場合はしだいに黄色い胃液となることもあります。嘔吐がはじまってから半日から1日は周期的に腹痛や吐き気が襲ってきて、数回(1~10回程度)吐きます。この間は、最も吐き気が強く、吐き気止めの薬を使っても症状はなかなか改善しません。

家庭での対処方法

最初は水分を与えても全部吐いてしまいますので、絶飲食とし、何もあげないようにして様子を見ます。

嘔気嘔吐が少しおさまってきたら、水分をごく少量ずつ(スプーン1さじやペットボトルのキャップ1杯分位)様子を見てあげます。吐き気止めの薬(坐薬や粉薬、錠剤)を使用して症状をやわらげるのもよいでしょう。初めのうちは固形物はあげてはいけません。
水分は症状の軽いうちは水などでかまいませんが、吐いたり下痢が続く場合は身体から吸収されやすいような飲み物で水分塩分糖分をバランスよく含んだものが望ましく、経口補水液などを少しずつ、間をあけながら吐き気や嘔吐のないことを確認して飲ませましょう。母乳の場合はごく短時間で授乳をやめるなど少量ずつあげる工夫をします。

嘔気嘔吐なく水分が順調に通るようになったら消化の良い固形物を少しずつ徐々にはじめます。はじめは、おかゆやすりおろしたリンゴなどのやわらかいもの(噛まなくてよいもの・スプーンで食べるようなもの)、消化の良いものが良いでしょう。よく煮込んだうどんやそうめんなども胃腸をスムースに通過しやすく、回復期に合う食べ物です。
普通の食事には2~5日かけて戻して行きましょう。おなかの動きは3-7日ほどで回復します。すぐに元気になることもありますが、見た目(元気になったこと)と腸の回復には、ずれがありますので水分や食事のすすめ方には気をつけましょう。

嘔吐がおさまらない場合は受診をしましょう。

下痢は通常嘔吐の後にでてきます。
嘔吐がおさまり下痢で失う水分を口から飲んで補うことができれば脱水の心配はありませんが、嘔吐がおさまらないうちの大量の水様下痢便や、飲んだ以上に下痢が続く場合は下痢を改善させる薬を飲んだり、脱水が中等度以上ある場合点滴が必要になることがありますので受診が必要です。

小児の場合、食事がとれない状態で半日位たつと、特に小さなお子さんは身体の糖分を保つことができず低血糖状態になり元気が急になくなることがあります。食事をとることが無理な場合は糖分を含んだ水分(ジュースやイオン飲料、経口補水液など)や果物をやわらかくしたものなどをとるように心がけましょう。

登園、通学可能なのは

保育園における感染症ガイドラインでは、「嘔吐、下痢の症状がおさまり、普通の食事がとれること」となっていますのでそれに準じていきましょう。
ウイルスは、少量ですが、数週間は便や嘔吐物の中に認められますので、登園通学後も手洗いはしっかり続けましょう。

インフルエンザワクチン予約